アイフルの過払い金請求について

消費者金融大手のアイフルでも昔は利息制限法の上限利息を超える金利を徴収していた事がありました。アイフルが利息制限法の上限に金利を改定したのが2007年なので、過払い金が発生するのは2007年よりも前に支払いをすませた料金となります。
アイフルは他の大手の消費者金融と違い、メガバンクなどの支援を受けていないのが大きな特徴です。そのため他の消費者金融や信販会社と比べると経営体力が良くないのか特徴です。そのため自力で過払い金の返還交渉をしてもなかなか他の消費者金融や信販会社と同じようには行かないのが現実です。
そのためアイフルに対して過払い金の請求をする際には必ず弁護士に依頼する必要があります。弁護士は依頼者の要望にそって解決できるように最大限努力します。アイフルに過払い金を請求した場合にはあの手この手で和解交渉を引き延ばしたり、裁判になった場合でも法律で認められている範囲内で引き延ばし工作を行います。しかし弁護士も法律のプロであるので、毅然とした対応でアイフルに対応するので依頼者の意向に近い額を取り戻す事が可能となります。
過払い金の請求を弁護士に依頼した際の弁護士費用ですが、通常よりもかなりリーズナブルな価格設定となっています。支払いは後日で良い場合もあったり、法律事務所によっては分割払いにも対応していたり初回は無料である場合がほとんどなので、弁護士費用の支払いに関してはほとんど心配いらないです。
アイフルの借り方審査ガイド│借りる前に確認すべき17の項目はこちら