家がオーバーローンの場合に売るコツ

家がオーバーローンの場合には、ローンの返済を進めてアンダーローンとなるのを待ってから家売ることがおすすめですが、離婚や転勤など、やむを得ない事情がある場合には、任意売却という方法をとることになるでしょう。

任意売却では、債権者の同意を得てから抵当権を解除して、任意売却物件として売りに出すことになります。任意売却物件だからといって、特別に値段を下げる必要はありませんが、時間的な制限もありますので、いくらかは安く売りに出すことになるケースも多いでしょう。また、任意売却をするためには住宅ローンを3ヶ月以上延滞している必要があるので、俗に言うブラックリストに載ってしまうというデメリットもあります。

任意売却は、不動産会社、弁護士などにも依頼ができますが、任意売却を専門に扱っている業者に依頼をするのが最もおすすめです。任意売却では、売却がスムーズに行かないと時間切れになって家が競売にかけられてしまうこともあるので、しっかりと経験と実績があって信頼のできる業者に依頼をすることが重要です。

任意売却は競売に比べるとメリットが大きい制度ですが、やはり通常の不動産売買の方法に比べるとデメリットもあるので、できることならオーバーローンの状態をなんとかしてから売却してしまうほうがよいでしょう。親や親戚からお金を借りられないか交渉をしてみるなど、任意売却を回避する努力もしてみましょう。

住み替えをするなら、住み替えローンに前のローン残高を上乗せするという方法がとれることもあります。新しいローンの負担は大きくなりますが、年収に余裕がある人なら、住み替えローンの審査に通るかもしれません。