自己処理の危険性・しみだらけになる

安価であるということを理由に自己処理を行っているのであれば少し考えてみましょう。
例えば足。
脱毛器でもその種類を間違えば毛抜きと変わりのないものとなってしまいます。

脱毛器と言ってもその種類は非常に多く、毛抜きの様に毛を抜き去るだけのタイプもあります。
それは毛抜きと変わりありません。
むしろ毛抜きよりも悪質なトラブルを引き起こします。
毛抜きはそれでも一本一本を慎重に抜いていくでしょう。
抜くタイプの脱毛器は大量にそして無作為に抜いていくことになりますので肌の状態を確認しながらというものではありません。

毛抜きによる肌トラブルで最も懸念しなくてはならないのは炎症。
毛がなくなった毛穴は空洞になっています。
そこに雑菌が入り込むことによって炎症を起こします。
雑菌はなにも汚れだけではありません。
汗や皮脂も雑菌になり得るものです。
そう考えると防ぐのは難しいものであることがお分かりになるでしょう。
アフターケアをしっかりとしたとしてもそれが「つもり」になっていることは言うまでもありません。

炎症を鎮めるためには冷やすことが一番です。
腫れたところにクリームを塗りこむことが得策ではないことはもちろんでしょう。
炎症が鎮まればすべての炎症はなかったことになりますか?
違います。
炎症が黒くシミの様になってカタに残ることがあるでしょう。
無理な脱毛を続けているとそのシミになった炎症が増え、しみだらけの肌になることも考えられるということです。